2012年08月30日

夜はいま

Image.jpg


子どもたちは元気だろうな、夢の中ではしゃいで歌うので往生させられたよ、とそう言うと、さすっていた背中の震えが引いて、笑顔が仰いだ。夜じゅう甲高い童女の声が、ふた色もつれ、遠くに聞えた。呼んでやりたいが、見当が、方角はおろか上下も定まらない。どこかでわずかに、ここに横たわる身と、斜めに、子供たちの立つ平面が交わっている。助けを求めているわけでなく、ただ無心に歌っている。それでも、もしもこちらがひとつ、身の動かし方を間違えたら、あの声は取り返しがつかなくなる。とにかく、じっとしていなくてはならない。こちらこそ宙に迷った、恣意に近いこの場所を、なおかつ刻一刻、かつがつに保持していなくてはならない。歌が続くかぎりは、永遠も恐れるものではない。

古井由吉『夜はいま』
posted by ysms at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

タンジール


bowls.jpg


タンジールを弁護するわけではないが、これまでのところこの街は、同じ規模の多くの街と比べてさほど現代文明の悪しき影響を受けていないといえるだろう。しかし、もっと大事な点は、私がある空想を楽しんでいることである。夜になると眠っている私のまわりで、何千もの送り手から何千もの予期せぬ受け手に向かい、魔術によって四方八方に見えないトンネルが掘られていく。呪文が唱えられ、毒が自然に効いてくると、人々は、心の無防備な奥底に身を潜めていた寄生虫のごとき偽りの意識を剥奪されてしまうのだ。
ほとんど毎晩のように太鼓の音が聞こえてくる。けれども、その音は決して私を目覚めさせはしない。私の耳は太鼓の音を捉え、夜ごとイスラム教の礼拝堂から聞こえる勤行時報係の声と同じく、夢のなかに織り込んでします。たとえ夢のなかでニューヨークにいたとしても、「アラー、アクバール!」の一声でニューヨークの背景は拭い去られ、そのあとの背景はどれもほとんど北アフリカとなり、夢はつづいていく。

『止まることなく―ポール・ボウルズ自伝 (ポール・ボウルズ作品集)』
posted by ysms at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

太陽に噛みつかれて

smokin' sisters.jpg


現実、――ぼくの唇が火傷しないのがむしろ不思議というべきだろうか、ぼくは毛髪という言葉と同じようにそれを発音しているのが不思議である。現実についてぼくに許された発言の最大限を計量することなどは、どんな尺度によっても可能ではない。度量衡はみずから焼きつくすだろう。絶対にぼくは現実の価値評価をしつつあるのではない。何ものにも値いしないことによって、辛うじて発言することができるのだということによって、現実こそは純粋である。ぼくはこのような断言がなんらの哲理的な思想にも達しないことを知っている。またぼくはいまそれを欲している。太陽に噛みつかれたようなアフリカの蕃人の特殊な黥(いれずみ)に、ぼくの現在の文章が比較されるとしても、ぼくは少しの不満も抱かないだろう。ぼくの意図はむしろ太陽に噛みつかれておくことだ。反省と称せられるものはどのような種類のものにしろ、現実と一致することがないということを日まわりの花とともにぼくが力説するとしても、ぼくはプラトニックなトリックを用意しているのではない。物質の世界ではなく、また感覚の世界ではなく、ぼくには特異な、ある無秩序から出発しなければならなかった。

『シュルレアリスムのために』瀧口修造
posted by ysms at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

私たちは、私たちは学ばないということを私たちは学ばないということを自然とは学ばない


fukushima.jpg


We do not spontaneously learn that we don't learn that we don't learn. The problem lies in the structure of our minds: we don't learn rules, just facts, and only facts. Metarules (such as the rule that we have a tendency to not learn rules) we don't seem to be good at getting. We scorn the abstract; we scorn it with passion.

"The Black Swan: The Impact of the Highly Improbable" by Nassim Nicholas Taleb

/
posted by ysms at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

故郷

hometown.jpg


故郷は、故郷を離れて生きている人間の背中を、 彼自身に見えるようにしてくれる。
中村真一郎 『夜半楽』

.
posted by ysms at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

記憶なく欲望なく

nomemory.jpg


「記憶なく欲望なく no memory, no desire」という言葉は精神分析の世界できわめてよく口にされる言葉である。1979年に亡くなった、フロイト以後の精神分析において、おそらく屈指の革新的思索者である英国の精神分析家ウィルフレッド・ビオンが短いエッセイの中で使った言葉である。
このエッセイでビオンは、分析化は前のセッションのことを記憶していてはいけない、と言った。すべてを忘れていなければいけないのだ。そして、患者を理解しようとか変化させようとか治癒させようとかを欲望してもいけない、と言った。ただ、できごとの進展に向かっていかなければならないのだ。もちろん、前のセッションをまったく忘れ去ることはできない。目前の患者の苦しみに対して何とかしてやりたいという望みをまったくもたずにいることもできない。この「記憶なく欲望なく」という言葉はしたがって達成不可能なことを語っている。だがそれにもかかわらず、この言葉は精神分析の本質をついている。
過去を記憶すること、未来を欲望すること、そのいずれもが、精神分析の過程、精神分析というできごとの成り行きを妨害するのである。いまここで起きていること、そこで起きて生じる心的な事実、感情や不安にこそ、精神分析過程は姿を現す。精神分析は、患者の話を聞いてそれを理論に沿って解釈するようなことではない。まったくそれとは正反対に、二人のあいだでその場で起きるできごと、とりわけ情緒を含みこんだできごとを十分に体験することから始まるのである。そうしたとき、記憶や欲望は邪魔になる。その場のできごとに十分触れることを邪魔してしまう。

藤山直樹「「居残り」というできごと」
posted by ysms at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

stay eager

sontag.jpg


Do stuff. Be clenched, curious. Not waiting for inspiration's shove or society's kiss on your forehead.... Pay attention. It's all about taking in as much of what's out there as you can, and not letting the excuses and the dreariness of some of the obligations you'll soon be incurring narrow your lives. Attention is vitality. It connects you with others. It makes you eager. Stay eager.
- Susan Sontag

posted by ysms at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

逃走について

levi.jpg


生きることは選ぶことであるから、無数の可能性を犠牲しなければならず、決して実現されざるこれらの可能性がわれわれを逃走へと誘う、という事実が逃走なのではないのだ。排斥し合うことなき複数の可能性の実現を容認する、普遍的で無限な実存の欲求も、自我の根底にあってすでに実現された平安を、つまり存在の受容を前提としている。自我の自己への緊縛を断つことを希求するものである以上、逃走は逆に、自己とのこうした平安をこそ問いただすのだ。逃走は存在そのもの、『自己自身』から逃れるのであって、存在に課せられた制約から逃れるのではない。逃走において自我は、自分がそうではなく、また、決してそうはならないだろうもの、すなわち無限と対立するものとして、自己から逃れるのではなく、自分がそうであり、そうなるであろうものそれ自体と対立するものとして、自己から逃れる。

エマニュエル・レヴィナス「逃走論」



posted by ysms at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

永遠の一角

miyauchi.jpg


青空深く、木々の枝がのびあがっていた。緑の葉の一つ一つがひっそりと宇宙にふれあい、ふるえているようだった。そこが吃水線にみえた。すぐそこに世界の果て、無とふれあう波打ち際があった。ならば、ここは異郷でもなんでもなく、なんの変哲もない、永遠の一角にすぎない。だとすれば自分は孤独でもなんでもない

宮内勝典『焼身』



posted by ysms at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

翻訳について

souk_marrakech.jpg


わたしはあることを報告しようと試みる。ふとわたしは黙りこむ。そのとたん、わたしは自分がまだ全く何もいっていないことに気づく。ある驚くほど明るい、粘つく実体がわたしの内部に残留して、言葉を嘲笑する。それは、かの地でわたしに理解できなかった言語、これから徐々にわたしの内部で翻訳されなければならぬ言語であろうか?そこには、われわれの内部において初めて意味が生ずるような、さまざまの出来事や光景や音があった。それらは言葉によっては拾いあげられることも刈り込まれることもなかった。それらは言葉の域を越え、言葉よりも深みがあって複雑である。

カネッティ『マラケシュの声』


posted by ysms at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

壁を貫く

gogh-shoes.jpg


「ゴッホの手紙」より

素描とは何だ?どうやって習えばいいのか?それはわれわれが感じることとわれわれにできることとのあいだに立っているように思える目に見えない鉄の壁を貫ぬいて仕事をして行くことだ。どうやったらその壁を貫ぬき通せるのか―その壁に挑んでも無益だとなれば?ぼくの考えでは、壁の下を掘って、ゆっくりと根気強く穴をあけるほかない。 第274信(旧237)



posted by ysms at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

死者たち

5235254891_11230dd6d9_b.jpg


そう、新聞の言うとおり、雪はアイルランド全土に降っている。雪は暗い中部平原のいたるところに降り、木々のない丘に降り、アレンの沼地にひっそりと降り、さらに西のかた、暗く立ち騒ぐシャノンの河波にひっそりと降っている。雪は、また、マイケル・フュアリーが埋もれている丘の上のさびしい教会墓地のいたるところに降っている。雪はゆがんだ十字架や墓石の上に、ちいさな門の穂先の上に、不毛ないばらの上に、深々と降り積っている。彼の魂は雪の降る音を耳にしながら、しだいに近くを失っていった。雪が、かすかな音を立てて宇宙に降り、最後の時の到来のように、かすかな音を立てて、すべての生者たちと死者たちのうえにふりそそぐのを耳にしながら。
ジョイス「死者たち」(『ダブリン市民』所収)




posted by ysms at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月30日

切実であること

kiwamete.jpg


中平さんは倒れることによって大きな犠牲をはらって写真のスタイルをチェンジすることができた。しかも自分の宣言通りの方向に。それは本当に奇跡のようなことだと思う。中平さんの昔の、例えばプロヴォーク時代のアレブレボケの写真を評価する人は多い、だってそりゃ確かですもん、しかしボクは中平さんの今のカラー写真のほうが価値があると思う。
そして強調したいのは論理的なまとまった形での文章は失われてしまったが、中平さんの言葉はいぜん凄く美しいということだ。(中略)武田百合子さんは「簡単に美しいとか綺麗とかって言葉は使わないようにしたい、ちゃんとどう美しいか書こうと思う」とおっしゃられていて本当にそうだと思うが(常々念頭に入れているのだが)。あえて言いたいのだ。美しい、と(人によってそれは凄まじいと表現するのかもしれない)。そして切実だと。こういうときボクは本当に写真家でよかったと思う。ボクは上手く言葉でその美しさを形容はできない、しかしその切実さを写真でちゃんと人に伝えられると思うからである。

ホンマタカシ「きわめてよいふうけい 2010年の中平卓馬」

posted by ysms at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

歩いている

dive.jpg


歩いている男に絶望は存在しない、ただ本当に歩いてさえいれば、そしてたえず振り返っては他人とつまらぬおしゃべりに興じ、同情し、目立とうとするのでなければ。
『パリの廃墟』ジャック・レダ



posted by ysms at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

秘密の約束

tumblr_lat52rJIUE1qzya49o1_1280.jpg


過去はある秘められた索引を伴っていて、それは過去に救済(解放)への道を指示している。実際また、かつてありし人々の周りに漂っていた空気のそよぎが、私たち自身にそっと触れてはいないだろうか。私たちが耳を傾けるさまざまな声のなかに、いまでは沈黙してしまっている声の谺が混じってはいないだろうか。私たちが愛を求める女たちは、もはや知ることもなかった姉たちをもっているのではなかろうか。もしそうだとすれば、かつて在りし諸世代と私たちとの間には、ある秘密の約束が存在していることになる。だとすれば、私たちはこの地上に、期待を担って生きているのだ。

ベンヤミン『歴史の概念について』


posted by ysms at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

期待の終わり

Blanchot.jpg


いつから彼は待つことをはじめていたのか?彼が個々の事物への欲望や事物の終末への欲望すらもなくしてしまって期待に対して自由な身になって以来だ。期待は、もはや期待すべきなにものも、期待の終末さえもないときにはじまる。期待は、それが期待するものを知りはしないのだ。
ブランショ 『最後の人/期待 忘却』豊崎光一訳


posted by ysms at 16:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

眼華

ganka.jpg


眼華という言葉があるのかどうかはあやふやだけれど、何かの書物を読んでいてその言葉を見つけたのだ。それは突如として視界の中に欠落が生じ、物のかたちが欠けて見える状態を言うのだ。その時目の周辺には隈どるような花弁に似たちらつきがあらわれ、ちかちか光りながら廻りはじめる。花弁というよりは歯車といった方が当たっているかも知れない。完全な輪が結ばれているのではなく、どこかが欠け、はじめは小さく鮮明なのが次第にその輪を大きく広げぼやけてきて、やがて後頭部にしりぞく感じになって消えてしまう。


島尾敏雄著『魚雷艇学生


posted by ysms at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

固有名をめぐって



godard.jpg


ふと知らないメロディーを聴いて「ああ、これは何だろう」と惹きつけられることがあるでしょう。それと同じように美しい映像に惹きつけられて「ああ、これは何だろう」と人々に思ってもらえるような映画を作ってみたい。しかし、名前がわからないということは人を不安におとしいれます。新聞やテレビも一年間くらい絶対に固有名詞を使わず、単に彼、彼女、彼らという主語で事件を語ってみるといい。人々は名前を発音できないために不安にもなるでしょうが、題名も作曲者もわからないメロディーに惹きつけられるように事件に対して別の接し方ができるかもしれません。(J.L.ゴダール)



posted by ysms at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

時間を消す


vibrant-hawaiian-exotic-bouquet-monday.jpg


時間というものには、ふたとおりの数えかたがあるように思われる。ひとつは、一から始まってこれに、無限に一単位(年でも秒でもいいが)ずつ加えて行くやり方で、私たちはそのようにして、小刻みに未来を生きている。もうひとつは、たとえばロケットの打ち上げの時の秒読みのように、あらかじめ未来へ区切った時点へ向けて、一単位ずつ時間を消していくやり方である。残り時間がゼロになったときそれが起こる。未来が終るのである。戦争中、私たちに可能であったのは、ただ後者の数え方であり、戦場から兵士が書き送る書簡の一つ一つは、このようにして消去されて行く時間の確認にほかならなかったのである。

『海を流れる河』石原吉郎著


posted by ysms at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

思考の胎児

snow.jpg


私の思考が無傷で生まれてくることは滅多にない。生まれた時それはどこか曲がっているか折れている。さもなくば思考は総じて早産であって、まだ言語のなかで生きてゆく力がない。その時、小さな命題の胎児が生まれるが最も重要な手足はまだそろっていないのだ

『ウィトゲンシュタイン哲学宗教日記』




posted by ysms at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。